飾り釘(修理サンプル)

WFG1WFG2WFG3WFG4以前から、踏まずのスペースを使って「質の高い飾り釘」ができないものかと考えていました。

トップリフトや爪先に釘を打つのは、木型を入れたり台金を使えば 土台がしっかりするので比較的簡単。

でも、踏まず部分は「本底と中底の間に存在する 微妙な空間」が問題。

釘をまっすぐ打ち込むことが難しいエリアが隠れている。

釘が曲がってしまうと、仕上がりが美しくない。変な隙間ができたり、釘の断面が「歪んだ円形」になったり。

 

試行錯誤のすえ 質の高い飾り釘(「遊び釘」と命名)を実現できるようになったので修理サンプルを作ってみました。

今回はメダリオンテイストのデザインで、「穴の大小」を「釘の頭と足」で表現しています。

オールソールの時のオプションとして考えています。

ちなみに、このデザインで税抜2000円くらいです。

興味のある方、オールソールをお待ちしております。

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :